都道府県道完走記

2018年2月より全国の都道府県道の探訪を目指しています。資料調査の成果も掲載する予定です。

18.東京都道430号 新宿停車場前線

やがて消えゆく都心の停車場線。

f:id:road37:20190521194218j:plain

路線紹介

  • 東京都新宿区「四谷4丁目」交差点(国道20号都道418号北品川四谷線交点)と新宿駅東口を結ぶ路線。起点から「新宿東ガード交差点」までの区間は他路線との重複区間であり、実延長は467m*1と非常に短い。かつては「新宿通り」の通称を持つ駅と起点を直線で結ぶ経路であったが、都から新宿区への移管が進み実延長が短くなった。
  • 道路の状況は全線2車線以上確保されており、長い重複区間は4車線以上の幹線道路となる。新宿駅前では歩道が利用者数に対して狭く、混雑する。
  • 終点は世界一の利用者数を誇る駅、新宿駅東口である。混雑状況は特に夜間は激しいため、自転車での通行は避けたい。歩行者も駅前に用事がなければサブナードなどの地下道の利用を推奨する。起点から新宿一丁目までは集合住宅も見られるが、新宿五丁目から西側は百貨店が集まる商業地域となり、景観や人通りが大きく変わる。

 

完走日

2018/7/27(S→G)

 

経路

管轄

第三建設事務所

 

 【東京都新宿区四谷4丁目 ~ 新宿3丁目23】 徒歩

起点周辺の状況

 

f:id:road37:20190521194250j:plain

国道20号を西進して起点へ

f:id:road37:20190521194301j:plain

斜め右が当路線と案内があるが...

f:id:road37:20190521194256j:plain

f:id:road37:20190521195946j:plain

経路変更がなされているため、都道418号と重複する

【補足】かつては案内標識のように「新宿通り」を経由しており、以下のような経路をとっていたと推測されます。

f:id:road37:20190521194322j:plain

起点「四谷四丁目」交差点

f:id:road37:20190521201102j:plain

正面が国道20号、斜め右が旧道、右側が430号起点

 

 

 都道418号 北品川四谷線(外苑西通り)との重複区間

 

f:id:road37:20190521201547j:plain

 

f:id:road37:20190521194331j:plain

f:id:road37:20190521194336j:plain

緩やかなカーブで、すぐに302号(靖国通り)に突き当たる

 

 

 都道302号 新宿両国線(靖国通り)との重複区間

 

f:id:road37:20190521194358j:plain

東西交通を担う幹線道路で、交通量が多い

f:id:road37:20190521194404j:plain

f:id:road37:20190521194139j:plain

新宿一丁目

f:id:road37:20190521194148j:plain

f:id:road37:20190521194153j:plain

「新宿5丁目東」交差点(4号、5号、305号交点)新宿駅前の商業地域となる

 都道4号 新宿所沢線・5号 新宿青梅線・302号重複区間

f:id:road37:20190521194207j:plain

f:id:road37:20190521194212j:plain

繁華街・歌舞伎町

 

 単独区間

f:id:road37:20190521194218j:plain

「新宿東ガード交差点」を左折し南へ

f:id:road37:20190521194224j:plain

この路線では貴重な管理番号標

f:id:road37:20190521194234j:plain

駅前の道路ゆえ規制標識が多い

f:id:road37:20190521194239j:plain

終点:新宿駅東口

次回は再び東京西部の停車場線になります。お楽しみに。

*1:東京都建設局道路管理部(2018),『東京都道路現況調書』,95